スキーツアーで人気の娯楽

  • 不動産を購入する場合の注意点とは何か

    • 日本ではおよそ8割の人が一生のうちで住宅を手に入れることが多いのです。
      住宅を購入するパターンは不動産を購入するか不動産を相続するかのどちらかになります。

      このうち、不動産を購入する場合には、何かとお金がかかってしまいます。あるデータによれば、不動産購入をしている人のおよそ8割は何らかのカタチで住宅ローンを組んでいます。



      そこで、不動産購入にはどんな種類の出費があるでしょうか。



      将来的に土地を買って家を所有したいのであれば是非知って起きたいところです。土地と建物を同時に購入する場合、つまり建売住宅を購入するのであれば物件に表示されている額は必ず用意をしておかなければなりません。ただし、それだけでは足らず、そこに諸費用がかかって来ます。その中で大きな負担になるのが仲介業者に支払わなければならない仲介手数料です。



      仲介手数料は「税抜きの物件価格×0.03+6万円」に消費税をかけた額が仲介手数料になります。



      ざっくりと計算するとその物件のおよそ3パーセントが仲介手数料として支払わなければならないと言うことです。



      4000万円の住宅を購入するならば120万円ぐらいの支払いが必要と言うことになります。
      それ以外では登記手数料が意外とかかります。



      登記は自分でもすることができますが、専門家である司法書士に任せるとおよそ30万円ぐらいはかかるのです。



      他にもローン手数料や印紙代、火災保険、団信加入料などを合わせると200万円から300万円ぐらいになります。



  • 関連リンク

    • 専門資格を持つ方の場合は、非正規でも優遇された雇用条件で働く事が可能です。代表的な例が看護師で、アルバイトでも看護資格を取得していれば、各種の雇用条件において大変優遇された内容となっています。...

    • 日本ではおよそ8割の人が一生のうちで住宅を手に入れることが多いのです。住宅を購入するパターンは不動産を購入するか不動産を相続するかのどちらかになります。...